16:34 2018年12月13日
オークション

画家がバンクシー絵画を72万ドル超で購入 目的は塗りつぶすこと【写真】

© Depositphotos / Billiondigital
文化
短縮 URL
0 11

米国出身の画家、ロン・イングリュッシュ氏は英国の覆面の現代アーティスト、バンクシー氏の作品『強制労働』(Slave Labour)を56万1千ポンド(72万5千ドル以上)で購入した。ただし、イングリッシュ氏の購買目的はこれを塗りつぶすことにある。イングリッシュ氏はその理由についてストリートアートの売買に対する抵抗の印と語っている。英国のニュースポータル「イブニング・スタンダード」が報じた。

スプートニク日本

「これを再び白で塗りつぶすつもりだ。これはストリートアートへの攻撃だ。ストリートアートは売買されてはならない。」イングリッシュ氏はこう語っている。

​『強制労働』はもともと、2012年にロンドン郊外のウッド・グリーン地区のディスカウントショップの壁にバンクシー氏が描いていたもの。幼い少年がミシンの前にしゃがみこみ、英国の国旗を縫う姿を描いている。壁絵は2013年に切り取られ、オークションにかけられていた。

関連ニュース

バンクシー 『少女と風船』の自己裁断の仕組みを明かす

タグ
芸術, 文化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント