19:34 2018年12月15日
イタリアの古代都市ポンペイ遺跡(アーカイブ写真)

伊ポンペイ遺跡 貴重なエロチック壁画が発見【写真】

© Sputnik / Sergey Mamontov
文化
短縮 URL
0 30

イタリアの古代都市ポンペイ遺跡で、住居跡のある壁に白鳥を抱いた妖艶なギリシャ王女の水彩フレスコ壁画が描かれているのを、研究者らが発見した。英紙「デイリー・メール」が報じた。

スプートニク日本

約2千年間、灰の層によって隠されていたにも関わらず、壁画の保存状態はよく、色彩や細部描写まで鮮明だ。

壁画の表現する意味についての問いに学者らは、白鳥はギリシャの神ゼウスを具現化したものと説明している。また研究者らは、壁画の女性はレダ王女であることを明らかにした。

1 / 3
Найденная фреска на руинах города Помпеи

ポンペイ考古学公園のマッシモ・オサンナ園長は、女性と白鳥を結ぶプロットは、ポンペイ市の多くの壁画の共通してみられる テーマあると語った。

関連ニュース

ロシア国内のユネスコ世界遺産 人気トップ10【写真】

芸術作品の修復は慎重に モザイクを直したら描かれた人物が性転換【写真】

タグ
科学, びっくり, おもしろい, 文化, 歴史, イタリア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント