06:09 2019年12月14日
正義のはかり

メリアム・ウェブスター辞典の2018年の単語は「justice(公正)」

© Fotolia / Izzetugutmen
文化
短縮 URL
2018年の話題を総括 (64)
120
でフォローする

世界で最も権威ある辞典の一つ、米メリアム・ウェブスター辞典は、2018年の単語として「justice(公正)」を選んだ。

スプートニク日本

メリアム・ウェブスター辞典のホームページによると、今年「justice」という単語の検索率は昨年より74%上昇した。

メリアム・ウェブスター辞典は、「司法」や「裁判」という意味も持つ「justice」は、米大統領選挙にロシアが「介入」したとされる調査に関連し、今年マスコミで頻繁に使用されたと指摘している。

また最も人気のある単語トップ10には「nationalism(ナショナリズム)」、「maverick(独自路線の人)、「pansexual(全性愛者)」、「feckless(役に立たない)」などが入った。

2017年の単語は、「feminism(フェミニズム)」だった。

関連ニュース

日本で流行語大賞発表 カーリング女子の「そだねー」が年間大賞に

オックスフォード・ディクショナリーの選ぶ今年の言葉は「毒性」

トピック
2018年の話題を総括 (64)
タグ
文学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント