15:24 2019年01月23日
小島秀夫氏

小島秀夫氏、2018年のお気に入り映画リストを公開

CC BY-SA 3.0 / Georges Seguin / Hideo Kojima 20100702 Japan Expo
文化
短縮 URL
2018年の話題を総括 (64)
0 0 0

ゲームクリエイターの小島秀夫氏がツイッターで、2018年の優秀作品になったと自身が考える映画の上位26作品を公表した。ファンは小島氏に対して「いいね」やリツイートを惜しんでいないものの、ある1つの重要な疑問、つまり「選ばれた作品の中に、なぜスーパーヒーローの居場所が全く見つからないのか」との疑問がファンを不安にさせている。

スプートニク日本

投稿で示されているように、小島氏のリストで首位に立っているのは、家族向け空想コメディ『パディントン2』。

​続いて上位に入っているのは、いずれも大きな支持を受けたドラマ作品である『ダンガル きっと、つよくなる』、『RAW~少女のめざめ~』、センセーションを巻き起こした『スリー・ビルボード』の3作。

ユーザーらは、列挙されている作品の中にはスーパーヒーローも超悪役もいないということに気づいた。

「オーケー、だが『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』はどこだ?」

​「『ヴェノム』はどこだ?」

​「スパイダーマンの新作を観るよう勧める。『スパイダーマン:スパイダーバース』だ!驚くべき作品で、視覚効果が全く衝撃的だ!」

​関連ニュース

BBC、外国語映画100選発表 邦画10作とソ連映画7作も

ゾンビ映画トップ10が選出

トピック
2018年の話題を総括 (64)
タグ
文化, 映画, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント