15:22 2019年01月23日
『となりのトトロ』

ロシア映画館で「復元版」ジブリ映画が上映へ

© 写真: Studio Ghibli (1988)
文化
短縮 URL
0 92

映画会社「ピオネール」は27日、宮﨑駿監督による日本アニメ映画の傑作『千と千尋の神隠し』の復元版を新訳とともに再上映を開始した。また、モスクワの映画館でその他16本のジブリ映画が上映される。

スプートニク日本

ピオネール社の発表によると、さらに宮崎監督の作品から8本、高畑勲監督の作品から4本、彼らの弟子で同僚である宮崎吾朗、米林宏昌、近藤喜文、森田宏幸氏らによる作品が上映される。

ロシアの監督で、宮崎監督を崇拝すると度々発言しているユーリ・ノルシュテイン氏は「ロシアで宮﨑駿の映画を広く上映することは、ロシア文化にとっての出来事だと考えています」と述べた。

「そして彼の映画は、その願いの実現です。宮崎は私達の国の真の友人であり、人民国家友好勲章を誰かに与えるとすれば、それは彼でしょう」とノルシュテイン氏は付け加えた。

関連ニュース

「ジブリ飯」を再現!食べてみたかったジブリのご飯にファンたちが感動

タグ
映画, アニメ, 文化, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント