03:16 2020年02月28日
文化
短縮 URL
111
でフォローする

ドイツの保養地バーデンバーデンにあるフリーダ・ブルダ美術館は昨年、覆面芸術家バンクシー氏の絵画『少女と風船』を展示した。この絵画は2018年、サザビーズのオークションで競り落とされた瞬間に自己裁断装置が作動し、半分が切り刻まれてしまったもの。

スプートニク日本

フリーダ・ブルダ美術館では絵が入れられた額縁を細工し、シュレッダーが再び作動しないようにして展示している。ただし、ストリートアートを自称するバンクシー氏は絵画の展示に料金が発生することは認めないだろうとの配慮から、絵は無料で公開される。

関連ニュース

タグ
芸術, ドイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント