00:14 2019年04月21日
エミリア・クラークエミリア・クラーク

『ゲーム・オブ・スローンズ』エミリア・クラーク、クモ膜下出血で生死の境さまよっていた

© AP Photo / Richard Shotwell © AP Photo / HBO, Keith Bernstein, File
1 / 2
文化
短縮 URL
0 00

米NBOのテレビドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演するエミリア・クラークが、クモ膜下出血を患い2度も手術を受けていたと明かした。エミリアは米誌ザ・ニューヨーカーに寄稿した。

スプートニク日本

2011年の第1シーズン放送前に、エミリアはトレーニング中に体調が悪くなった。

病院に搬送され、クモ膜下出血という診断を下された。

「クモ膜下出血の患者のおよそ3分の1が即死ないし、間もなく無くなります。生きて深刻な後遺症を避けるため、脳の緊急手術が必要でした。ですが当時、保証は一切ありませんでした」

命の危機が去ったと思いきや、エミリアは言語障害に見舞われた。

「自分の名前すら思い出せず、最悪の時点では、全てを終わらせたかった。医師に死なせてくれるよう頼みました」

2013年、エミリアは再び脳の手術を受けた。後遺症が残ったが、長いリハビリを経て、エミリアは現場に戻った。

関連ニュース

『ゲーム・オブ・スローンズ』 最終シーズン8の公開日を明らかに

タグ
映画, 健康, 医学
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント