06:53 2020年10月27日
文化
短縮 URL
0 60
でフォローする

今年、エルミタージュ美術館は、第58回ヴェネツィア・ビエンナーレでロシア展示館の館長を務める。美術館のスタッフたちは、訪問者のためにエルミタージュ美術館に住む猫たちの参加という変わった演出を用意した。

スプートニク日本

キャットショーは、ロシア展示館の中央ホールで行われ​る。その隣では、アレクサンドル・ソクーロフ映画監督が、エルミタージュ美術館のコレクションから巨匠たちの作品について語る。

ロシア展示館のセミ​ョ​ン・ミハイロフスキー館長は、「猫たちは、レンブラントの作品と同様に、世界文化遺産の重要な一部。昼夜を問わず、猫たちはネズミから冬宮を守り、訪問者たちを喜ばせている。ヴェネツィア・ビエンナーレのような重要な国際的イベントに参加する機会を猫たちに与えないことは不公平だ」と語った。

エルミタージュ美術館の猫たちの参加というパフォーマンスは、「ネコのホスピタリティ体験」と呼ばれ、人間ではない生き物による芸術感受の新しい​フォーマットとされ​ている​。

関連ニュース

エルミタージュ 世界5位の美術館に

サッカーW杯の預言者に白猫アキレスが選ばれる【写真】

世界猫の日 世界一ネコ好きで打倒ナチスに命を賭した国はどこ?

タグ
サンクトペテルブルク, 文化, ネコ, 動物, 欧州, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント