15:03 2019年06月17日
文化

映画『冷戦』がイースト・ウェスト賞でグランプリ

文化
短縮 URL
0 0 0

イースト・ウェスト賞の最優秀作品賞はポーランド映画の『冷戦』に決定。作品を手がけたパヴェウ・パヴリコフスキ監督も最優秀監督賞に選ばれ、記念品が授与された。イースト・ウェスト賞選考委員会が発表した。

スプートニク日本

今月14日、イースト・ウェスト授賞式がモスクワのエトセトラ劇場で開かれた。この賞は東欧や西アジアの映画関係者に与えられるもので、ロシア映画の名作を手掛けてきたシナリオ・ライターのルスタム・イブラギムベコフ氏によって設立された(『シベリアの理髪師』、『太陽に焼かれて』など)。ポーランド映画『冷戦』は最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀女優賞(ヨアンナ・クーリグ)など、数部門で入賞を果たした。そのほか、ルーマニア映画界の巨星ラドゥ・ジュデ監督の作品『俺たちは野蛮人として歴史に名を残す』(台本部門)が入賞したほか、『世界を震撼させた男』(最優秀男優賞/エヴゲニー・ツィガノフ)や『ドヴラートフ』(デザイン部門)、『夏』(作曲部門)も高い評価を受けた。

今年の選考には世界12か国の映画関係者25名が加わった。映画賞はモスクワに本部を置く映画人同盟によって誕生し、ロシア外務省、および文化省が後援している。

関連ニュース

現代美術館「ガレージ」がタシケントで映画祭を開催

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント