23:46 2020年10月20日
文化
短縮 URL
0 01
でフォローする

タイ政府は、同国の辛いエビ入りスープ「トム・ヤム・クン」をユネスコ無形文化遺産に登録申請する方針。バンコック・ポスト電子版が、タイ文化省の情報をもとに報じた。

スプートニク日本

トム・ヤム・クンは、タイ風焼きそば「パッタイ・クン・ソット」(同じくエビを使っている)と並んで世界で最も人気のあるタイ料理。

「トム」は煮込む、「ヤム」は混ぜる、「クン」は海老を意味しており、スープ、野菜、ハーブ、香辛料などにエビが加えられている。鶏肉を使ったものは「トム・ヤム・カイ」、シーフード入りは「トム・ヤム・ターレ」、魚入りは「トム・ヤム・プラ―」。牛肉や豚肉が使われることは少ない。

関連ニュース

タグ
食事, 文化, ユネスコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント