16:48 2019年06月27日

米国の交響楽団が第二次世界大戦後初めて広島で演奏へ

© AFP 2019 / Andrew Caballero-Reynolds
文化
短縮 URL
132

米ワシントン・ナショナル交響楽団(NSO)は、第二次世界大戦後初めて2020年春に広島で公演を行う。NSOの音楽監督を務めるイタリアの指揮者ジャナンドレア・ノセダ氏が、ロシアのマスコミに語った。

スプートニク日本

ノセダ氏によると、「春、3月」にNSOの日本と中国への大規模ツアーが予定されている。ノセダ氏は、「日程はすでに決まっているが、覚えていない。日本と中国で9~10回のコンサートが行われる。9つのコンサートは確認されており、さらにもう1つ行われる可能性もある。重要なツアーになる」と語った。

ノセダ氏によると、北京、上海、東京、広島、福井、その他の都市で公演が予定されている。

ノセダ氏は「日本と中国ではシューベルトの『未完成』交響曲を演奏する。広島のコンサートホールからの依頼だからだ。また私たちは、第二次世界大戦後に初めて広島で演奏する米国のオーケストラとなる。この数十年間、広島に招待された米国のオーケストラは一つもなかった」と指摘した。

タグ
広島, 音楽, 文化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント