12:35 2020年10月23日
文化
短縮 URL
0 20
でフォローする

ストリートアート、パフォーマンスアートを描く有名な匿名アーティストのバンクシーの正体を明らかにする可能性もある映像が、英テレビ局「ITV」のアーカイブから見つかった。英紙ガーディアンが報じた。

インタビュー映像を発見したのは同テレビ局レポーターのロバート・マーフィー氏。バンクシーに関する資料収集時に見つけた。インタビューは、バンクシーが2003年にロンドンで初めて開き、一躍有名になった展覧会「Turf war」前に行われた。

映像ではキャップをかぶり、Tシャツで目下まで隠した男性が取材に応じている。その男性が壁に黒い虫を描く様子や、「もっと殺して(KILL MORE)」と書かれた立方体で遊ぶ赤ちゃんを描く様子も映っている。これらの作品は長らく、バンクシーの作品だと考えられている。

​男性は「私が変装しているのは、真にグラフィティアーティストになって公に活動することはできないからです。

この2つはあまり一緒にはなれないものです」と語った。

映像を発見したマーフィー氏はしかし、この資料から男性がバンクシーだと断定することはできないと結論づけた。

挑発的で機知に富んだグラフィティを描く謎のアーティスト、バンクシーについては、定期的にニュースで報じられている。

オークションで落札直後に作品を破壊したり、日本で秘密の作品が発見されたことがその一例だ。

バンクシーの正体に関する説は少なくないが、最も長く存続しているのが次の説だ。

2017年、英著名DJのGoldieがバンクシーの本名はロバートだと口を滑らせた。

Goldieは当時、「Tシャツに泡文字で『バンクシー』とかけば、仕事は終わりだ。すぐに売れる。ロバートを軽んじているわけじゃないし、彼は素晴らしいアーティストだと思う。私は彼が芸術の世界を頭からひっくり返したと考えているよ」と述べた。

この発言は、バンクシーがバンド「マッシヴ・アタック」の、ロバート・デル・ナジャだという説を間接的に裏付ける。デル・ナジャとGoldieはブリストルで育ち、同じグラフィティパーティーに参加したこともある親友だ。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

#robertdelnaja#massiveattack#triphop#artist#happybirthday

Публикация от no one (@_dissclaimer)

バンクシーの正体がデル・ナジャであると初めて主張したのは英ジャーナリストのクレイグ・ウィリアムズ氏。ウィリアムズ氏はバンクシーの新作が登場した日付と場所を検証し、「マッシヴ・アタック」のコンサートが開かれたタイミングと頻繁に一致することを発見した。デル・ナジャはこれを否定した一方で、バンクシーとは交友関係にあると強調した。

タグ
バンクシー, 芸術, SNS, 英国, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント