19:00 2019年09月21日
カティア・ブニアティシヴィリ氏カティア・ブニアティシヴィリ氏

クラッシックコンサートでジャンプ  情熱的なピアニストの退屈させないパフォーマンス

CC BY-SA 4.0 / Frankie Fouganthin / "Art on Ice" at the Globe Arena in Stockholm, March 13, 2014 (cropped photo)CC BY-SA 3.0 / Eka-eka-eka92 / Xatia
1 / 2
文化
短縮 URL
0 10
でフォローする

カティア・ブニアティシヴィリ氏は、髪をとかし、おどけて唇を噛んだりしながら、モデスト・ムソルグスキーの曲を遠慮なく演奏する。世界的に有名なピアニストのコンサートは、聞くだけでなく見ていてとても心地よい。

ブニアティシヴィリ氏の演奏曲を作る作曲家たちは、彼女の演奏が曲を活気づけ、彼女が体でリズムを刻み、アルペッジョごとにジャンプをすることを知っていたら、いくつかジャズのリズムを用意しただろう。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Khatia Buniatishvili (@khatiabuniatishvili)

彼女の演奏後、クラシック音楽のファンの中で暑い議論が沸き起こっている。熱狂的に陶酔する人たちもいれば、彼女の特別な衣装の深いデコルテと開いた襟ぐりを非難する人たちもいる。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Khatia Buniatishvili (@khatiabuniatishvili)

ジョージア(グルジア)で生まれ、神童と呼ばれたカティア・ブニアティシヴィリ氏は、5つの言語を話し、現在はフランスで暮らしている。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Khatia Buniatishvili (@khatiabuniatishvili)

フランスでは時に彼女のことを、ピアノ界のビヨンセと呼び、申し分のないテクニックを持ち、彼女の行き届いた指は素晴らしい速さとキーの正確さをもって移動する。

カティア・ブニアティシヴィリ氏自身についていえば、彼女は、自身の解放的な衣装を批判されることに異論はない。ブニアティシヴィリ氏は、彼女のスタイルのセンスは、彼女の才能を低めることはなく、むしろ独創性を高めていると語る。

タグ
文化, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント