03:22 2019年09月22日
スパイダーマン

ソニー対ディズニー 「スパイダーマン」はマーベル・シネマティック・ユニバースから離脱?

© 写真: Marvel Studios Inc. (2017)
文化
短縮 URL
0 10
でフォローする

ハリウッドニュースDeadlineは、関係筋の情報として、ディズニーとソニー・ピクチャーズは今後の映画スパイダーマンに関する協力を打ち切ると伝えた。両者は資金調達と映画収益に関して妥協点を見いだせなかったとされている。ということは、今後「親愛なる隣人」の映画は、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)以外で公開される可能性がある。

間違いなく金銭問題

現在、ディズニーは「スパイダーマン」の収入はマーチャンダイズのみ得ており、興行収入はほぼすべてソニー・ピクチャーズに入る。

フランチャイズ初の世界興行収入10億ドル(約1080億円)を突破した「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」の成功の後、ディズニーはソニー・ピクチャーズと、クロスオーバー作品も含め、新作映画の製作費と収入を50/50で折半することを希望。ソニー側はこれを受け入れなかった。

ソニー・ピクチャーズは代案として、契約はそのままで、ソニーが単独映画をファイナンスし、ディズニーがマーチャンダイズ収入の一部を得ることを提案。ディズニーがこれを跳ね除けた。

映画産業2大メジャー決裂 今後映画はどうなるのか

何も変わらなければ、ソニーは単独でトム・ホランドを主演にジョン・ワッツ(スパイダーマン2作を監督)作品をあと2本製作する。しかし、マーベルスタジオのケヴィン・ファイギ映画プロデューサーの参加はなしで、ということになる。ファイギ氏はMCUを立ち上げ、マーベルスタジオ製作社長。

なぜ問題なのか?

スパイダーマンの新作の成功は、ファイギ氏によるところが大きいと言ってもいいだろう。現在ファイギ氏は映画産業の大物の一人で、製作作品はほぼヒットを約束されている。

ファイギ氏は今年だけでも3作品をプロデュースしており、その興行収入は10億ドルを超えている(「キャプテン・マーベル」、「アベンジャーズ/エンドゲーム」、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」)。映画史上、最も成果を上げた驚異のプロデューサーの一人と言える。

望みはあるか

Deadline紙によると、ソニー側は、MCUとの決別を乗り越えられると考えている。今後、ソニーはヴェノムや他のキャラクターとスパイダーマンをコラボさせることも可能だ。

タグ
スキャンダル, 経済, 米国, 映画, 文化
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント