17:31 2019年10月16日
バンクシーの「Devolved Parliament」

バンクシー最大の絵画 過去最高額の1200万ドルで落札

© 写真: Banksy's official website
文化
短縮 URL
0 32
でフォローする

ストリートアーティスト、バンクシー(Banksy)の英議会を嘲笑した絵画が3日、ロンドンのオークションハウス「サザビーズ」で競売にかけられ、1220万ドル(約13億円)で落札された。

ロイター通信の報道によると、落札価格は開始価格の5倍で、バンクシーの作品では過去最高となった。

これまでのオークション最高落札額は2008年にニューヨークのザザビーズで落札された「Keep it spotless」の190万ドル(約2億)だった。

​今回落札された「Devolved Parliament」の大きさは横4メートル、縦2.5メートルで、バンクシーの絵画の中で一番大きな作品。英国議会下院が描かれているが、議員の代わりにチンパンジーやオラウータンが議員の席や、さらには議長の席にも座っている。バンクシーはサルやネズミなどをよくモチーフにしている。2003年には英国の女王エリザベス2世をチンパンジーの姿で描いた。

正体不明のストリートアーティストのバンクシーは、ずいぶん前からグラフィティ(落書き)への鋭い政治的または社会的コメントで知られている。
バンクシーは今回もその作品に「Devolved Parliament」という挑発的な名前を付けた。これは2つの意味にとれる。Devolvedとは自治議会に対して使われる一般的な法律用語であると同時に、退化の意味もある。

関連ニュース

パリ ポンピドゥー近くでバンクシーの作品が盗まれる

タグ
芸術, 文化, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント