21:03 2020年01月25日
文化
短縮 URL
0 02
でフォローする

米国の芸術家デビッド・ダトゥナ氏が、イタリア人芸術家マウリツィオ・カテラン氏のアートオブジェクト「ザ・コメディアン」を食べてしまった。この作品は、マイアミ・ビーチで開催されていた現代アート展「アート・バーゼル」に出展されていたもの。「マイアミ・ヘラルド」紙が報じた。

食べられてしまったアートオブジェクトは、天然のバナナをイメージしたもので、壁にスコッチテープで止められていた。以前、この作品はフランスのコレクターに12万ドル(約1300万円)で販売されていた。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от The Art Newspaper (@theartnewspaper.official)

この作品の作成にカテラン氏は1年を費やしたという。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от David Datuna (@david_datuna)

ダトゥナ氏はバナナを平らげるのに1分もかからなかった。同氏はこのパフォーマンスを「腹の減った芸術家」と名付けた。

警察はダトゥナ氏を展示ホールから呼び出したが、逮捕はしなかった。アートオブジェクトは新しいものに交換された。食べられたバナナは普通のスーパーマーケットで購入されたものだった。

関連ニュース

メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品 580万ドルで落札 ニューヨーク

タグ
おもしろい, 芸術
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント