22:39 2020年01月22日
文化
短縮 URL
筆者 :
0 110
でフォローする

東京で12月12日から18日まで第3回「ロシア映画祭㏌東京」が開催され、現代ロシア映画が紹介される。入場は無料。上映されるのは2018年から2019年のロシアの最新映画9本。

ロシア側主催者は、ロシア連邦文化省とその委託を受けたGod Kino社(代表;セルゲイ・ノヴォジロフ氏)。毎回、日本側も実行委員会を組織して映画祭の準備や運営に協力してきた。

映画上映後には、監督とのQ&Aや、「映画を観れば『今のロシア』が見える」という題名のシンポジウムも行われ、ロシアと日本の参加者間で興味深い議論が行われる予定。

映画は入場無料、シンポジウムの参加も無料だが、サイトでの予約が必要。こちらのサイトで同映画祭の日程や内容が紹介されている。

昨年の映画祭:

東京で現代ロシア映画を無料で観られる映画祭が開催中

関連ニュース

東京で企画公募展『Room Bloom』 特別ゲストはロシアの現代アーティスト 12月9日まで

タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント