22:45 2020年06月04日
文化
短縮 URL
0 20
でフォローする

米漫画出版社DCコミックは長編アニメ『スーパーマン:レッド・サン』のトレイラーを公開した。これは同名の漫画を映画化したもので、スーパーマンの活躍の舞台は米国ではなく、なんとソ連。

このストーリーは冷戦を背景に展開し、スーパーマンの有名な登場人物の他、スターリンやケネディも登場する。

このストーリーでスーパーマンは模範的な共産主義者。コスチュームの胸元に共産党のシンボル「鎌と槌」を描かれているし、スターリンからも一目置かれている。トレイラーではスターリンがスーパーマンに「お前は何をもくろんでいるのか」と尋ねると、スーパーマン(レッド・サン)の答えは「自分が世界を救う。」

映画にはスターリン以外に、ワンダーウーマン、グリーンランタン、ロシアのシンボルの耳当て帽を被ったバットマンなどDCコミックでファンに親しまれているキャラクターも登場する。

『スーパーマン:レッド・サン』の公開は2020年初めに予定されている。

関連記事

タグ
ソビエト連邦, 漫画, 映画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント