09:19 2020年09月26日
文化
短縮 URL
0 12
でフォローする

英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究者らが行った研究で劇場、美術館や博物館の展覧会に行く行為には延命効果が認められた。この研究結果は英医学誌「ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル」に掲載されている。

同大学のデイジー・ファンコート助教授によると、文化的イベントに定期的に参加していた人は、一度も参加しない人に比べて死亡リスクが31%低いことが明らかになった。

また、少なくとも年に1、2回参加していた人の場合、そのリスクが14%低いことが分かった。

この研究は、英国の50歳以上の約7千人のデータが使われている。 

関連ニュース

タグ
健康, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント