15:58 2020年10月28日
文化
短縮 URL
0 10
でフォローする

ドイツ当局は、ナチス・ドイツが略奪した3点の絵画を、フランス系ユダヤ人の収集家アルマン・ドーヴィル氏の相続人に返還する。サイトArtnetが伝えた。

3点の絵画は、ドイツの美術品収集家ヒルデブラント・グルリット氏のコレクションに収められていたものだったという。

2点は2012年にミュンヘンでヒルデブラント・グルリット氏の息子コルネリウス氏の倉庫で見つかり、3点目の絵画はドイツ南部の個人コレクションから発見された。

これらは、フランス印象派の画家ジャン=ルイ・フォランの水彩画と油絵、オランダの画家コンスタンタン・ギースの作品。

絵画の返還は、ベルリンで1月22日に行われ、モニカ・グリュッタース・ドイツ連邦首相府文化メディア担当国務大臣が出席する。

1940年にフランスがドイツに占領された後、数千点の美術品がナチス・ドイツに没収された。またナチスは収集家たちに競売で美術品を二束三文で売るよう強要した。

関連ニュース

ナチスドイツによる214名の児童殺害事件 ロシアで調査開始

タグ
文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント