23:20 2020年08月11日
文化
短縮 URL
0 10
でフォローする

65回目を数える「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の主催者の1つであるオランダのNPO団体「オランダ公共放送」は、同イベントの構成を変更する可能性について検討している。同団体のプレスサービスを引用しオランダのメディアが報じた。

同NPO代表は、予想されるシナリオについて語るのはまだ早いと説明した。

「現在、今後の事態の進展に関わるだけに、予想されるシナリオについてコメントするのはまったく早い。私たちは、これまで通り、思い出に残るソングコンテストの開催に向け準備を行なっている」

ポータルサイト「AD.nl」によれば、NPO代表はまた、無観客で「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」を開催する可能性はあるかという質問に答えることを拒んだという。

ロイター通信によれば、「ユーロビジョン・ソング・コンテスト」の構成を変更し、無観客で実施する可能性に関しては、主催者側はいまのところ否定も肯定もしていないという。

関連記事

タグ
文化, 音楽, 欧州
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント