23:43 2020年05月25日
文化
短縮 URL
0 22
でフォローする

映画『スター・ウォーズ』旧3部作でルーク・スカイウォーカー役を演じた米俳優マーク・ハミルさんは、ドロイドのR2-D2が絡む同作品のストーリーの穴を説明できなかった。ET Canadaが報じている。

映画『スター・ウォーズ』では、小さなロボット(ドロイド)が多くの情報を蓄えている。そのため、R2-D2はルークとレイアが兄妹であることなど、たくさんの秘密を知っている。

米ミュージシャンのジョン・ロデリックさんはツイッターで「娘が聞いてきたんです。R2-D2は物語の中で記憶を消されたことは一度もない。なぜR2-D2はルークにダース・ベイダーが父親だと言わなかったのか?と。私はその言葉に衝撃を受けました」と呟いた。

このツイートは20万件以上の「いいね」を獲得し、大いに拡散された。さらに約2万8000件のコメントがつき、そこではユーザーたちが、どうしてこのようなことが起こったのかを議論した。R2-D2はただ単に他人のことを詮索したくなかっただけだというコメントも見られた。

このツイートに気がついたマーク・ハミルさんも議論に加わった。ハミルさんは「このツイートを読んだとき、長い間考えた。肩をすくめたよ。私からは何も言うことはない」

関連記事

タグ
映画, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント