13:17 2020年08月07日
文化
短縮 URL
0 41
でフォローする

米国の調査チームがメキシコ初となる古インド期の地下鉱山を発見した。1万2千年から1万年前に古代人が黄土を採掘していたと見られ、研究結果は学術誌「Science Advances」に掲載されている。

研究報告によると、北南米で初となる古インド期の黄土地下鉱山の発見により、1万2千年から1万年前の2000年にわたりユカタン半島北部で3つの洞窟で鉱物を採掘していたことが証明されるという。

これら洞窟では以前、良好な保存状態で最古の人骨が発見されていたが、地下迷路の使用目的については解明されていなかった。

古インド系民族の中で黄土はいたるところで持続的に使用されていたものの、北南米における黄土探索やその採掘方法に関する考古学データはほとんど存在していなかった。

関連ニュース

タグ
メキシコ, 歴史, 発見
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント