00:01 2020年12月01日
文化
短縮 URL
0 30
でフォローする

長崎県観光連盟は、元寇がテーマのゲーム「Ghost of Tsushima」とのコラボサイトを公開した。サイトでは元寇に関する歴史的事実や観光名所、ゲームの舞台となった場所を紹介している。同ゲームは、米サッカーパンチプロダクション開発でソニー・インタラクティブエンタテインメントより17日に発売されたPS4用ソフト。元軍による第一回目の侵攻である文永の役(1274年)を描いている。

対馬は、その約90%が森と山で覆われている。開発チームは景色やスポットを再現するため何度も対馬を訪れたという。

元軍が上陸した場所は、「Ghost of Tsushima」の冒頭でプレイヤーが目にする小茂田浜。

またコラボサイトでは、島内の観光スポットも紹介しており、中にはゲーム内でも目にするものもある。さらに、国境の島と呼ばれる対馬のユニークな伝統料理や、トレッキングやシーカヤックなどのアクティビティに関する情報も掲載している。

タグ
ゲーム, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント