07:34 2020年10月24日
文化
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシアで、亡くなった叔母のアパートを掃除していた男性が遺品の中から偶然、17世紀にストラディバリウスの製作したヴァイオリンを発見した。ストラディバリウスといえば、世界に20挺ほどしか存在しない希少な名器。このセンセーショナルなニュースをロシアのマスコミがこぞって報じている。

男性の話ではヴァイオリンは元々叔父の持ち物で、叔父は生前、ボリショイ劇場に出向いて、楽器が本物かどうか、鑑定してもらおうとしたことがあった。

鑑定した専門家らは当時、この楽器はストラディバリの工房で彼の弟子によって1690年頃に製作されたものだと断定した。その際に同じような楽器は世界に20~30挺しか存在していないと言われていた。

発見した男性は、楽器が理想的な保存状態にはなく、弦も張られてなければ、糸巻のペグも1か所足りていないため、修復のために近く工房に預けると語っている。

関連ニュース

タグ
ロシア, 歴史, エンタメ, 音楽
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント