07:45 2020年09月20日
文化
短縮 URL
0 05
でフォローする

ニューヨークの芸術家デビッド・ダトゥナ氏は、ウラジーミル・レーニンの遺体を購入し、ニューヨークにレーニン廟のコピーを建設したいと発表した。

ダトゥナ氏は、旧ソ連の指導者の遺体に対し、頭金として100万ドル(約1億円)を支払い、総額10億ドル超(約1049億円)で購入する準備がある。

同氏によれば、米国社会は資本主義に疲れ、社会・共産主義的変革へ向かっているという。

ダトゥナ氏は、「ロシアはかつて皇帝が支配する帝政だった。米国は共産主義と社会主義思想に向かっている。今日、霊廟とレーニンという象徴はロシア以上に米国に必要になっている。第2霊廟を建設することは容易だが、レーニンを代用することはできない。そのため私は彼の遺体を購入することを提案し、そのためにあらゆるお金を集める用意がある」と語った。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от David Datuna (@david_datuna)

ダトゥナ氏は、奇抜な発想で有名な人物。2019年に同氏はイタリアの芸術家マウリツィオ・カテラン氏アートオブジェクトを食べてしまったが、その展示品は壁にテープでバナナを貼り付けたものだった。

関連ニュース

オランダで同じ絵が3度も盗難される

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント