15:59 2020年10月24日
文化
短縮 URL
0 10
でフォローする

米国の作家でホラーキングで有名なスティーヴン・キング氏が、ネットフリックスで放映中のロシアの「伝染病」シリーズ『To The Lake(湖へ)』を視聴し、ツイッターに感想を投稿した。

2019年にリリースされた「伝染病」シリーズは、未知のウイルスによる問題が描かれている。このウイルスがモスクワの圧倒的市民を滅ぼし、街を助かった人々が生き残りをかけて闘う壮絶な場と変えてしまった。

9月にネットフリックスは、ネットフリックスのオリジナルプログラムとして「伝染病」の上映権を購入し、シリーズを12ヵ国語に翻訳した。ストリーミングサービスで『To The Lake』が初放映されたのは10月7日。1日で同作品はネットフリックスの人気シリーズのランキングトップ10で8位となった。

キング氏は、「知っておくべき4つのこと。①そこに伝染病、②たくさんの雪と寒さ、③みんながウォッカを飲む、④些細なスポイラー(子ども-お尻に痛み)」と書き込んだ。

キング氏は続くツイートで、シリーズは西部劇に似ているが、「ただし雪と死を招くウイルスが登場」とコメントした。

関連記事

タグ
映画, ロシア, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント