08:11 2020年10月25日
文化
短縮 URL
0 41
でフォローする

10月17日、英国を拠点とする路上芸術家バンクシーがインスタグラムに新作を投稿した。新作は「自転車の後輪をフラフープにして遊ぶ少女」で、同氏のアートを研究する専門家らはここに込められた意図を探ろうとしている。

実際、その絵は13日に英ノッティンガム市の路上にすでに出現していたが、これがバンクシー作品かどうかは確証がなかった。念のために保護スクリーンで覆うという処理がされた。バンクシー氏がインスタで発表したため、作者についてはこれで疑問は解消したことになる。

Посмотреть эту публикацию в Instagram

Публикация от Banksy (@banksy)

今回バンクシーは建物の壁に、自転車の後輪でフラフープ遊びをする少女、その横には後輪が外れた自転車を描いた。

バンクシーの最近のアートコロナウイルス感染拡大をテーマにしたものがほとんどだったが、今回はどのような意味が込められているのか意見は分かれている。

バンクシーアートを研究するポール・ゴフ教授は「もしかしたら、我々は困難な時代に生きているが、最大限に喜びを得よう、壊れたものを楽しもう、というメッセージかもしれない」と語る。

ノッティンガム市議会広報担当者は、この絵を英国作家アラン・シリトーの「土曜の夜、日曜の朝」へのオマージュだと考えている。同小説の主人公はノッティンガムの自転車工場で働いているからだ。

バンクシーの新作を見にやってきた人々は、この絵を「コロナ禍のわずかな前向きな楽しみ」と評している。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント