20:20 2020年11月30日
文化
短縮 URL
0 02
でフォローする

ロバート・ゼメキス監督作『魔女がいっぱい』が10月末、米国で公開された。しかし、この作品を見た障害を持つ人々は主人公の手の表現が侮辱的であると同作品を非難している。米エンタメ情報サイト「Deadline.com」が報じた。

アン・ハサウェイが演じる同作品の大魔女の手(と指)は、裂手裂足症とよばれる手足の指の欠陥を彷彿とさせるものものだった。このことについて英パラリンピック水泳選手のエイミー・マレン氏は、このようなキャラクターの表現が、手足の違いを持つ人たちに対してネガティブな影響を及ぼす恐れがあると指摘した。

​マレン選手の意見を受け配給元のワーナー・ブラザースは、この作品が障害を持つ人々を傷つけてしまったことを遺憾に思うとのコメントを発表。プレスリリースでは、同作品は優しさや友情のパワーをテーマにした物語だと述べられている。

ロバート・ゼメキス監督作『魔女がいっぱい』は、ロアルド・ダール原作の同名作品の実写版リメイク(前作『ジム・ヘンソンのウィッチズ/大魔女をやっつけろ!』は1990年公開)。同作品は、魔女によってネズミにされてしまった少年とその友人たちの物語。

関連記事

タグ
スキャンダル, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント