14:24 2020年11月29日
文化
短縮 URL
0 61
でフォローする

フィギュア世界選手権2冠のロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が、今週日曜15日にモスクワで開幕する日本文化フェスティバルJ-FESTに参加する。

日本のポップ文化を紹介するモスクワでのJ-FESTは2009年から実施されている。今年はコロナウイルスのパンデミックにより、フェス開始以来初めてオンライン形式での実施が決まった。フェスは誕生以来、大きな人気を博しており、2019年には2日でおよそ10万人の集客を達成した。

今年のJ-FESTは、フィギュアスケート世界選手権2冠、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ選手をオンライン形式で迎える。

J-FESTのプレスリリースによれば、メドベージェワは大好きな日本文化について、日本旅行で一番印象に残ったことについて語る他、フェス観客の質問に答える。

モスクワの日本の文化フェスティバルにロシア人フィギュアスケート選手が招かれるケースはこれが初めてではない。2019年3月の「サクラ」祭でも五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワが愛犬マサルを連れて舞台に上がっている。

関連記事


このほかのフィギュアスケートに関するニュース、写真、インタビュー等はスプートニクの特設ページをご覧ください。

タグ
日本, エフゲニア・メドベージェワ, フィギュアスケート, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント