23:51 2021年07月30日
文化
短縮 URL
0 20
でフォローする

フィンセント・ファン・ゴッホの素描(1888年頃と推定)がニューヨークのオークションで落札され、1040万ドル(約11億1124万円)の値がついた。ゴッホの素描としては過去最高額となる。オークションハウス「クリスティーズ」が発表。出品者と落札者の名は明かされていない。

オークションハウスはツイッターで「驚くほど多様な筆使いや線描で、技術的に革新的ともいえる素描は、モデルの少女の本質を捉えている」と綴っている。

これはゴッホが1988年に仏プロヴァンス地方アルルでスケッチしたもの。ゴッホはアルルを「南方の日本」と呼んでいた。スケッチには12-14歳と思われる少女が描かれている。ゴッホは日本美術と仏小説家ピエール・ロティの「お菊さん」に影響を受けており、「娘(作品名のラ・ムスメMousméでもある)」は日本語で最も美しい言葉の1つであり、若い女性を指すと解説している。

素描は紙に鉛筆で描かれ、その上に葦ペンと茶色の墨が入れられている。

この素描をもとにした絵画作品「ラ・ムスメ」はワシントンのナショナル・ギャラリーに展示されている。


関連ニュース

タグ
文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント