12:42 2021年07月26日
文化
短縮 URL
0 11
でフォローする

仏ルーブル美術館は全所蔵作品、48万2千点をオンラインで公開する。「家から出ないで美術館を訪れる」ことがインタラクティブマップにより可能になる。同美術館広報部が発表した。

「初の試みであり、希望する人は誰でもパソコンあるいはスマートフォンから無料で全作品を見ることができる。デジタルコンテンツによってより一層、作品を自分の目で見たいと思い、ルーブル美術館を訪れたくなる気持ちが増すと信じている」とジャン=リュック・マルティネス館長は語る。

オンラインコレクションにはチュイルリー庭園の彫刻や第二次世界大戦後に復刻された芸術作品もふくまれている。サイトではルーブル美術館の展示品だけでなく、一時使用あるいは保管用の作品も閲覧可能。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント