06:43 2021年10月17日
文化
短縮 URL
0 30
でフォローする

スペインのオークションハウス「アンソレナ」に作者が17世紀の画家ホセ・デ・リベーラと考えられる絵画が出展された。しかし、その後、プラド美術館の専門家が絵画の調査を再度行った結果、同絵画は有名な画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジの作品であると推測された。ガーディアン紙が報じた。

報道によれば、はりつけにされるイエス・キリストを描いた絵画『いばらの冠との戴冠』がオークションでわずか1500ユーロ(約20万円)で落札されるところだった。

現在、同絵画は輸出が禁止され、プラド美術館の専門家による調査が続けられている。美術評論家らは、画家の特定でのミスは、ホセ・デ・リベーラはカラヴァッジの後継者であり、そのため、作品にはしばしば偉大な画家の影響が反映されていることに関連したためと説明した。

同美術館の専門家は、絵画が実際にカラヴァッジのものと推測させる「十分な文体的で文書化された証書」が存在すると強調する。

スペインの美術評論家で代議士のヴィットリオ・ズガルビ氏によれば、今後、絵画は個人への販売で1億から1億5000万ユーロ(約131億円~196億円)の値が付く可能性があり、また、美術館への売却なら5000万ユーロ(約65億円)となる可能性があるという。

関連ニュース

タグ
スペイン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント