12:36 2021年08月01日
文化
短縮 URL
0 50
でフォローする

米ロサンゼルスで25日(現地時間)、第93回アカデミー賞の授賞式が行われ、中国出身クロエ・ジャオ監督の『ノマドランド』が作品賞に輝き、ジャオ氏も監督賞を受賞した。

報道によると、女性が監督賞を受賞したのは2009年の『ハート・ロッカー』のキャスリン・ビグロー監督以来2人目で、アジア系女性としては初となる快挙。

ジャオ監督は中国で生まれ、米国で活動している。

ロイター通信によると、中国ではジャオ氏の快挙が生中継されず、SNSでは、「過去に中国を侮辱する発言があったと指摘されている」という。

またロイターは、香港でも今年は授賞式の放送が「商業的な理由」で見送られ、「中国による国家安全維持法の制定以来、香港の自由が縮小している懸念が高まった」と報じている。

朝日新聞もジャオ氏の受賞について「中国の主要メディアは26日昼の時点で報道していない」と伝えた。「ジャオ氏が過去に中国に批判的な発言をし、愛国心の欠如を問われたことが影響しているとみられる」と報じている。

『ノマドランド』は、仕事や家を失い、キャンピングカーで米国をさすらう女性を描いた作品

タグ
オスカー・アカデミー賞
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント