05:44 2021年07月31日
文化
短縮 URL
0 80
でフォローする

ロシアの北極海沿岸の都市ノリリスクに北極圏モダンアート美術館(Arctic Museum of Modern Art、略称 AMMA)を設立する案が承認された。旧商館を改造し、建築面積8500平米の美術館が誕生する。プロジェクトに投資するロシア非鉄金属大手の「ノリリスク・ニッケル」のサイトが明らかにした。

美術館建設案のプレゼンテーションはノリリスクにおける博物館、美術館発展複合プログラムの実現に弾みをつけた。当地ではこれからの5年で新たなミュージアムが2つ誕生する。ノリリスク・ニッケルは市の開発費に追加支援として1億5000万ルーブル(2億2000万円)を拠出した。

北極圏モダンアート美術館の計画
© 写真 : Norilsk Nickel
北極圏モダンアート美術館の計画

ノリリスクのドミトリー・カラセフ市長は「AMMAプロジェクトは誰もが訪れたいと思う世界最北のモダンアート美術館」と評している。開館予定は4年後の2025年。

ノリリスク・ニッケルは「今、我々はノリリスクを未来都市に変貌させる稀有な可能性をてにしている。意義ある文化的コンテンツを持たずして、この町を紹介することは不可能だ。そうしたコンテンツを創るのはまさに北極圏モダンアート美術館のような目立つ、現代的なソーシャル空間である」とコメントしている。

関連ニュース

タグ
文化, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント