05:31 2021年09月23日
文化
短縮 URL
0 01
でフォローする

世界的に権威のある英国の文学賞ブッカー賞のショートリストが発表された。日系英国人で1989年に『日の名残り』でブッカー賞をさらい、2017年にはノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロ氏の『クララとお日さま』は2021年ブッカー賞のショートリストに残らなかった。

ショートリストに残ったのは以下の6人。

  • アヌーク・アルドゥプラガサム作、『北へ向かって』
  • ダイモン・ガルグート作、『約束』
  • パトリシア・ロックウッド作、『誰もこれについて語らない』
  • ナディファ・モハメド作、『運のよい人たち』
  • リチャード・パウエル作、『当惑』
  • マギー・シップステッド作、『グランド・サークル』

6人の作品は2020年10月1日から2021年9月30日までの期間に英国およびアイルランドで出版された158冊から選出された。受賞者の発表は11月3日に行われる。

関連ニュース

タグ
英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント