11:23 2021年10月16日
文化
短縮 URL
0 40
でフォローする

ドミートリー・ショスタコーヴィチの生誕115周年を祝うイベントがモスクワで9日に開催され、息子で指揮者のマクシム・ショスタコーヴィチ氏との交流会も予定されている。交流会はスタニスラフスキー・ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念モスクワ音楽劇場で開催される。リアノーボスチ通信の取材に応じた中で、劇場のプレスサービスが明らかにした。

マクシム・ショスタコーヴィチはこのイベントの中で父の思い出や、生前に上演が禁止されたオペラ「ムツェンスク郡のマクベス夫人」、その他の作品について紹介するという。

マクシムさんはレニングラード音楽院とモスクワ音楽院で学んだ後、精力的に指揮活動を行ってきた。1971年にソビエト・フィルハーモニー交響楽団(現・ロシア国立シンフォニー・アカペラ)の首席指揮者に就任したほか、1968年にはロンドン・フィルハーモニー管弦楽団で海外デビューを果たし、83年から85年は香港フィルハーモニー管弦楽団、86年から91年まではニューオーリーンズ交響楽団で指揮者を務めた。その他、多くのオーケストラと活動を共にした。

1981年からは米国で活動していたものの、3年前に家族と共に帰国し、現在はサンクトペテルブルクに居を構えている。

関連ニュース

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント