09:29 2020年09月26日
文化
  • モーツァルト
    アップデート: 2019年11月28日 22:50
    2019年11月28日 22:50

    13歳当時のモーツァルトの貴重な肖像画が400万ユーロで落札

    ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの13歳の時の肖像画がパリのオークションハウス「クリスティーズ」で競売にかけられ、400万ユーロ(約4億8180万円)で落札された。この肖像画は生前のモーツァルトを描いた5つの肖像画の1つ。当初、この肖像画は100万ユーロ以下での落札が予想されていたとオークションハウスのサイトでは説明がされている。

  • 緑の円天井
    アップデート: 2019年11月27日 23:34
    2019年11月27日 23:34

    犯行ビデオ公開 独博物館の宝飾品の価値は「天文学的」

    25日早朝、ドイツ東部ドレスデン城内にあるザクセン王家の宝物を展示した博物館「緑の円天井」で前代未聞の盗難事件が発生した。ドレスデン警察が公開したビデオには、強盗犯が懐中電灯を手に、斧で博物館の展示用のガラスケースを叩き割る様子が映し出されていた。

  • シェイクスピア
    アップデート: 2019年11月27日 15:41
    2019年11月27日 15:41

    人工知能を用いてシェイクスピアの謎を解く

    筆者 :

    ウィリアム・シェイクスピアとジョン・フレッチャーが共作した戯曲『ヘンリー8世』について、シェイクスピアとフレッチャーがそれぞれどの程度の割合で執筆したのかを、学者が人工知能を用いて調査した。デイリー・メール紙が報じた。

  • アップデート: 2019年11月27日 12:04
    2019年11月27日 12:04

    トルストイ露大統領顧問が秀でた文体で知られるロシア作家を紹介

    ロシア大統領府ロシア語委員会で議長を務めるウラジーミル・トルストイ大統領顧問(文化担当)がベルリンで開催されたロシア語ウィークのオープニングセレモニーに出席し、秀でた文体で知られるロシア作家の名前を挙げた。

  • 開幕映画ダンスウィズミー
    アップデート: 2019年11月26日 21:00
    2019年11月26日 21:00

    モスクワで今年も日本映画祭!開幕映画「ダンスウィズミー」でハッピーな気持ちに

    筆者 :

    11月19日から12月1日まで、モスクワにおける日本映画祭(主催:国際交流基金、在ロシア日本国大使館、クールコネクションズ)が開催中だ。この映画祭は今年で53回目と歴史が長く、現代日本の姿を伝える最新の日本映画が鑑賞できるとあって、モスクワっ子の間で高い人気を誇っている。フェスティバル初日にはオープニングセレモニーが行なわれ、開幕映画「ダンスウィズミー」(矢口史靖監督、2019年)の企画・制作プロダクション「アルタミラピクチャーズ」社長でプロデューサーの桝井省志さんと、土本貴生さんが舞台挨拶を行なった。上映終了後に行なわれたQ&Aタイムでは行列ができ、「素晴らしい映画をありがとう」と感謝の声が寄せられた。

  • 「アナと雪の女王2」
    アップデート: 2019年11月26日 19:38
    2019年11月26日 19:38

    なぜ続編は製作されたのか 「アナと雪の女王2」初週末興収19億円

    22日に公開初日を迎えたディズニー映画「アナと雪の女王2」が、公開から3日間で興行収入約19億円、観客動員数145万人を記録した。この数字は、2014年に公開された前作の「アナと雪の女王(以下「アナ雪」)」の初日からの3日間と比較して2倍以上だという。シネマトゥディが報じた。

  • 緑の円天井
    アップデート: 2019年11月25日 22:29
    2019年11月25日 22:29

    何者かがドレスデンの宝物庫に侵入 被害額は10億ユーロ以上か

    ドイツ東部ドレスデンで、ドレスデン城内にあるザクセン王家の宝物を展示した博物館「緑の円天井」に何者かが侵入し、展示物を奪い逃げ去った。同市警察のマルコ・ラスケ氏がインターファクスの取材に応じた。

  • あさひ旅館
    アップデート: 2019年11月25日 20:50
    2019年11月25日 20:50

    「一泊100円、ただしライブ配信付き」 世にも不思議な旅館がネット上で話題に

    日本のある旅館は、一泊100円で宿泊できる部屋を提供しているが、そこには落とし穴がある。100円で宿泊できる代わりに、室内の様子をYoutubeでライブ配信するというのが条件だ。英紙「インディペンデント」が報じた。

  • コンスタンチン・スタニスラフスキーとバーナード・ショウ
    アップデート: 2019年11月25日 12:58
    2019年11月25日 12:58

    モスクワでスタニスラフスキー演劇賞の授賞式が開催へ

    ロシア演劇界で権威あるスタニスラフスキー賞の授賞式がモスクワで25日に開催される。10月30日から11月16日に開催された国際演劇祭「スタニスラフスキー・シーズン」を締めくくる授賞式として知られている。

  • フリーダ・カーロの作品
    アップデート: 2019年11月22日 22:04
    2019年11月22日 22:04

    メキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品 580万ドルで落札 ニューヨーク

    有名なメキシコの女性画家フリーダ・カーロの作品「白いドレスの女の肖像」が、米ニューヨークのオークションで580万ドル(約6300万円)で落札された。英ロンドンに拠点を置く競売会社「クリスティーズ」がサイトで報じている。

  • イリーナ・シェイクさん
    アップデート: 2019年11月22日 11:40
    2019年11月22日 11:40

    雑誌『マキシム』版 ロシアの美女トップ5

    男性誌『マキシム』が2019年のもっともセクシーなロシアの有名女性ランキングを発表した。100人の女性がリストアップされ、イリーナ・シェイクさんが2年連続で1位となった。彼女はすでに6年間、ランキング上位の常連となっている。

  • Т-34
    アップデート: 2019年11月22日 10:00
    2019年11月22日 10:00

    ロシア映画『Т-34』 日本で興行記録を更新=映画社

    アレクセイ・シドロフ監督のロシア映画『Т-34 レジェンド・オブ・ウォー』の日本での興行収入が約60万ドル(約6500万円)に達し、ロシア作品としてこの20年来の興行記録を更新した。映画の製作を行った映画社「マース・メディア」がサイトで発表した。

  • 河瀨直美監督
    アップデート: 2019年11月21日 22:30
    2019年11月21日 22:30

    河瀨直美監督インタビュー:日本人とロシア人に共通する精神性とは?映画を撮るのに一番大事なものは?

    筆者 :

    11月8日、国際交流基金モスクワ日本文化センター、モスクワ映画、雑誌「映画芸術」が開催した映画特集にあわせてモスクワを訪問した河瀨直美監督は、スプートニクのインタビューに応じた。河瀨監督のロシア訪問は3回目。ロシアの衝撃的な思い出や、日露合作映画の可能性、来年公開の新作などについて話を聞いた。河瀨監督はインタビューの中で、伝統を重んじ、自然とともに生きる日本人とロシア人の精神性には、共通するものがあると指摘した。

  • まるで催眠術? スペインの画家が描く3D作品
    アップデート: 2019年11月20日 19:43
    2019年11月20日 19:43

    まるで催眠術? スペインの画家が描く3D作品

    スペインの画家、セルジ・カデナスさん(47歳)は本当の意味で魔法の絵を描いている。一つの絵で二つの肖像画を見ることができるのだ。カデナスさんは1枚のキャンパスで描くが、違う角度から見ると違いが分かる。

  • ハチとパルマの物語
    アップデート: 2019年11月16日 20:32
    2019年11月16日 20:32

    ソ連版忠犬ハチ公の物語、日露共同製作 ザギトワ選手と愛犬マサルも出演予定

    フィギュアスケート五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手と愛犬マサルが日露共同製作の映画に出演する予定だ。映画製作関係者が秋田県庁での記者会見で発表した。

  • 大聖堂の尖塔
    アップデート: 2019年11月15日 17:51
    2019年11月15日 17:51

    ノートルダム大聖堂の尖塔をめぐり、再建責任者らが論争

    今年4月の火災で崩壊した仏ノートルダム大聖堂の尖塔の再建をめぐり、ノートルダム大聖堂の修復の主任建築家フィリップ・ビルヌーブ氏と、再建を担当するジャン=ルイ・ジョルジュラン将軍の間で論争が起こった。テレビチャンネルBFMTVが報じた。

    パリのノートルダム大聖堂で大きな火災
  • ジョン・レジェンド氏
    アップデート: 2019年11月15日 06:00
    2019年11月15日 06:00

    ピープル誌、「世界で最もセクシーな男性」を発表

    米ピープル誌が、毎年恒例の世界で最もセクシーな男性を発表した。今年は歌手のジョン・レジェンドさんが選ばれた。レジェンドさんは、世界で最もセクシーな男性に選ばれたことに喜びを表す一方、責任が大きいと考えており、少し驚いているという。

  • 河瀨直美監督
    アップデート: 2019年11月12日 11:30
    2019年11月12日 11:30

    河瀨直美監督、モスクワを訪問しファンと対話:ロシア人の映画好きぶりに嬉しい驚き

    筆者 :

    河瀨直美監督の映画特集が11月2日から8日までモスクワで行われ、2007 年にカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した「殯の森」や、樹木希林さんの名演で話題になった「あん」など、代表作が市内の映画館で日替わり上映された。イベントは国際交流基金モスクワ日本文化センター、モスクワ映画、雑誌「映画芸術」の共催で行なわれた。河瀨監督本人もイベントに合わせてモスクワを訪問し、最終日にはロシアの映画ファンとの対話を行なった。河瀨監督は会場からひっきりなしに飛ぶ質問に驚き、「ロシアで映画がこんなに浸透しているなんて。希望がもてたモスクワ滞在でした」と笑顔を見せた。

  • 森一馬氏
    アップデート: 2019年11月12日 09:00
    2019年11月12日 09:00

    「プラダやジバンシーを素通りして、ソビエトをイメージした服を買いに来る」 「BUNKER TOKYO」森一馬氏

    筆者 :

    10月18日、モスクワで開催の国際ファッションウィーク「メルセデスベンツ・コレクション」のエデュケーショナルプログラム「FUTURUM EDUCATION」のレクチャートークに、東京・原宿のロシア服飾ブランドショップ「BUNKER TOKYO」のオーナー兼リバーヘッド・ショールーム代表取締役の森一馬氏が参加した。森氏は、スプートニクの取材に対し、レーニンの写真をプリントしたアイテムが日本の顧客にどう作用するのか、なぜ日本にロシアのファッションを持ち込むことにしたのか、その理由を語った。

  • 東京
    アップデート: 2019年11月12日 06:00
    2019年11月12日 06:00

    「タピる」「令和」など流行語大賞 ノミネート30語を発表

    6日、今年の世相を反映した言葉に贈られる「2019年ユーキャン新語・流行語大賞」にノミネートされた30語が発表された。この賞は、今年1年で最も流行したハッシュタグや、話題になった出来事、発言の中から選ばれる。令和元年である2019年にはどんな言葉がノミネートされたのだろうか? ノミネート30語から10語を紹介する。

続きを見る