00:49 2018年10月22日
ナスチャさん

ロシアの女子大生270万円集め、東京にメイドカフェをオープン(写真)

© 写真: ItaCafe25D's twitter account
エンタメ
短縮 URL
2202

ロシアの女子大生がメイドカフェを東京にオープンする。そこではロシアの女性だけが働くことになる。

発案者であるカフェのゼネラルマネージャーはナスチャさんが務める。ナスチャさんはネットではNastyanとの名で有名だ(ツイッター@nastyan_cos)。

クラウドファンディングプラットフォーミングによって数日で270万円が集まった。これは当初の目的を1353%超えた金額だ。カフェは10月オープンとなる。

ナスチャさんはスプートニクのインタビューに日本での生活とプロジェクトについて語った。

「日本には前に旅行できたがありましたが、そのときは驚きと感動でいっぱいでした。ところがいざ留学生としてくるとびくびくすることばかりで、なんどもなんども『ここであたし、どうなっちゃうんだろう?』と思いました。それでも暮らしているうちに最初に分からなかったこと、びくびくさせていたものはだんだん問題ではなくなっていったんです。ここの暮らしに慣れたんでしょう。私は語学専攻の学生からカフェのディレクターになりました。素晴らしい人との出会いがあり、おもしろくてためになるイベントに出くわすこともあります。大変なこともあるけれど、それでもあきらめないで私たちの未来のカフェを作ることを目指してがんばります。

東京においでの際はぜひ私たちのカフェにお立ち寄りください!あなたのお気に入りの場所になるといいなぁと思っています。」

ナスチャさんのビジネスパートナーである大森拓也氏はスプートニクに、去年ナスチャさんが突然日本にくると決めたことについて語った。ナスチャさんはどうしても長く日本に残りたかったが、学生ビザは2年間だけだった上、労働ビザ取得は非常に難しい。そこでナスチャさんと大森拓也氏は自らのビジネスを立ち上げることを決めた。

2016,03,19&21大阪の撮影会に遊びに行きます!20日は日本橋ストフェス! http://modelroom.blog100.fc2.com/blog-entry-939.html

Фото опубликовано ナスチャん@ItaCafe25D (@itacafe25d) Фев 17 2016 в 12:52 PST

大森拓也氏は、ナスチャさんは日本人好みの可愛い女性だと述べた。さらに、ナスチャさんはコスプレが趣味だ。そしていまのところ日本にはロシア人のメイドカフェは1店もない。だから彼女らは自らのメイドカフェを開こうと決意した。

関連:

日本人ママとロシア人パパ、生まれた時から僕達ずっとバイリンガル!
日本への食肉輸出を準備するロシア
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント