12:14 2018年06月24日
学者たち 落ちた食べ物の「5秒ルール」を否定

学者たち 落ちた食べ物の「5秒ルール」を否定

© 写真: Youtube / capture d'écran
エンタメ
短縮 URL
386

ラトガース大学の学者たちは実験を行い、床に落ちた食べ物を5秒以内に拾い上げれば汚くならないという「5秒ルール」を否定した。Gazeta.ruが報じた。

ドナルド・シャフナー氏率いる学者たちは、ステンレス鋼、セラミックタイル、木材、カーペットに落ちた食べ物の実験を行った。

落ちた食べ物を分析した結果、時間のほかに、食品の水分率と、落下した場所の表面の性質がバクテリアの付着する量に影響することが分かった。

学者たちは、接触時間はバクテリアが食品に移動する量に影響するものの、複数のバクテリアは落下したあと1秒で食品に付着したため、「5秒ルール」は否定した。

なお先に報じられたところによると、スプートニクは皆様にロシア料理を楽しんで作っていただけるクッキング・プログラムを作成中です。

関連:

なぜ何千人もの人達が、米国の片田舎からの中継を見るのか? その理由が明らかに(動画)
世界にヒット!ロシアアニメ「マーシャとくま」の成功を独紙が報じる
タグ
エンタメ, 食品
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント