15:23 2020年10月22日
エンタメ
短縮 URL
0 131
でフォローする

トルコ最大の都市イスタンブールに、トムビリという名前の雄猫がかつて住んでいた。彼はいつも、考え深げに道の縁石に前足を載せて座っていた。このポーズのおかげで、その後トムビリは、世界的に有名な猫になった。

 

そのトムビリが今年8月1日に、惜しまれながら、この世を去った。その後、彼を懐かしんだ多くの市民から当局に、銅像を作ってほしいとの請願が寄せられた。そして2カ月後の10月、ついに彼の銅像が誕生した。

 

彫刻家のセヴァル・シャヒン氏は、当局の決定を待ち切れず、自分で銅像を作った。銅像が一般の人達に公式に「お披露目」されたのは、4日の「動物の日」だった。

 

 

トムビリは、インターネット中で大人気となった唯一の猫ではない。つい最近も、すでに数年間、ニューヨークのお店を管理している雄猫がネットで評判になった。

関連:

自分がゾウだと思ってるダチョウ、赤ちゃんゾウらを世話する(写真)
日本のネコはしゃべる(動画)
腹這いになった23匹の子パンダの動画がネットで人気爆発(写真、動画)
タグ
ネコ, エンタメ, 動物, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント