07:27 2020年10月26日
エンタメ
短縮 URL
1111
でフォローする

ニジニ・タギル(ロシア)住民アンドレイ・オスタニン氏が6ヶ月の猫グラフと一緒に標高5000mのエルブルスを登頂した。

「酸素欠乏が感じられ、雪はそこら中にある、氷は溶けていない。これまではキルギスの4200mが最高だったので、私にとっては最高標高だった」と同氏。

独りぼっちにならないようにということで猫を連れて行った。2か月前から猫を訓練したという。

「彼は若く好奇心があり、何でも面白く、興味深い。まずは街を歩き、ニジニ・タギル近くの森を歩き、リュックで乗せて行ったり、ひもにつないで歩いた。それからウラル山脈の1300mあるセレブリャンスキーカーメニに登って試験した」

猫は山でも具合が悪くならなかったという。寒くならないよう特別な「繭」を作り、スーツを買った。

 

Спасибо, что не на снег 😕

Фото опубликовано Граф Андреевич (@graf_andreevich) Окт 5 2016 в 11:27 PDT

 

先にニューヨークで店を経営する猫がインターネットで人気となっていた。

関連:

コアラの撮影会を厚かましい蝶がすっかり台無しに!(動画)
イスタンブール 道路の縁石に前足を載せた名物猫の銅像誕生
タグ
観光, 動物, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント