18:18 2018年11月15日
モスクワのドモジェドボ空港

ロシアでモスクワーモスクワ便が登場?

© Sputnik / Evgeny Biyatov
エンタメ
短縮 URL
0 80

ロシアの航空会社ウラル航空は、モスクワのジュコフスキー空港とドモジェドヴォ空港を結ぶ便の誕生に関する情報について説明した。

航空会社によると、これは技術的な便で、他の路線の定期便運航のために一つの空港から別の空港へ飛行機を移動させるために必要だという。

ジュコフスキー空港からドモジェドヴォ空港への技術的な移動は、乗客を乗せずに週2回行われる。飛行時間は40分。

先にネット上でウラル航空の新たなフライトスケジュールに関する情報が伝えられた。そこには、モスクワの一つの空港(ジュコフスキー)からモスクワの別の空港(ドモジェドヴォ)への便も含まれていた。この情報はネット上で大きな反応を呼び、ジュコフスキー空港からドモジェドヴォ空港まではタクシーで約1時間かかるなどと議論された。なおウラル空港の広報部は、同情報がなぜ実際の便と一緒にインターネット上に現れたのかについて説明できなかった。

先の報道では、太った男性の隣に座って9時間飛行したエミレーツ航空の乗客が航空会社を提訴した

関連:

上空1800メートルの気球ブランコ(動画)
ロンドン地主、セックスと交換で住居提供
タグ
モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント