15:53 2020年10月22日
エンタメ
短縮 URL
0 22
でフォローする

絵文字の映画『エモジムービー:エクスプレス・ユアセルフ』ではジーン、ジェイルブレイク(脱獄)、ハイ5(ハイタッチ)という3人のスマイルマークについて語られる。

絵文字たちはテクストポリスという名前のメッセンジャーアプリに住んでいる。テクストポリスでは各スマイルマークには1つの表情しかない。しかしジーンは例外だ。彼にはいくつかの感情があり、そのため自らのコードを変え、「普通」になる決意に満ち溢れている。ジェイルブレイクと、足のついた片手といった見た目のハイ5とともに、ジーンはスマートフォン中で適したコードを探す旅に出る。その後、彼らにうんこ絵文字が加わる。

​声優はコメディアン、T・J・ミラー(ジーン)、イラナ・グレイザー(ジェイルブレイク)、ザ・レイト・レイト・ショーの司会者ジェームズ・コーデン(ハイ5)。監督は短編アニメ『カンフーパンダ マスターへの道』を撮ったトニー・レオンディス。

『エモジムービー:エクスプレス・ユアセルフ』の初公開は2017年8月を予定している。

前に伝えられたところでは、モスクワっ子はゴジラのコスチュームで9月25日に行われたマラソンを走った

関連:

「未来」日本文化センター:日本はもはやロシアからそう遠い国ではない
ロシア・コミックコンの参加者、エルフ、ゾンビなど
『ライオンキング』実写化、ディズニー
タグ
アニメ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント