20:09 2017年12月11日
東京+ 13°C
モスクワ+ 2°C
    英国の純血種の猫がモスクワ地下鉄シェークスピア特別車両のお客さん第1号に

    英国の純血種の猫がモスクワ地下鉄シェークスピア特別車両のお客さん第1号に(写真)

    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    エンタメ
    短縮 URL
    1160

    純血の英国猫がモスクワの地下鉄の特別車両「シェークスピアの熱情」の乗客第1号になった。特別車両「シェークスピアの熱情」が走っているのはモスクワを東西に貫く濃い青のアルバート・ポクロフスカヤ線。

    シェークスピアのテーマに沿った車両デザインにするために猫が重要な主人公の1人として選ばれたのにはわけがある。ポスターに描かれた等身大のシェークスピアは手に猫を抱えているがこれはシェークスピアの作品の入念な調査の結果、生まれたアイデア。作品の中に猫の記述が何度あるかが調べられたところ、なんと40回を越していたことから、猫こそシェークスピアの創作では重要な役割を演じているということになった。

    英国の純血種の猫
    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    英国の純血種の猫
    英国の純血種の猫
    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    英国の純血種の猫
    英国の純血種の猫
    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    英国の純血種の猫
    英国の純血種の猫
    © Sputnik/ Ramil Sitdikov
    英国の純血種の猫

    なお先に伝えられたところによると、ニジニ・タギル(ロシア)住民アンドレイ・オスタニン氏が6ヶ月の猫グラフと一緒に標高5000mのエルブルスを登頂した

    関連:

    ふとっちょ猫が自分を箱詰めにしちゃった
    イスタンブール 道路の縁石に前足を載せた名物猫の銅像誕生
    タグ
    動物, モスクワ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント