10:44 2019年11月15日
「ミス・ブンブン」参加者、ビキニで『最後の晩餐』の再現で槍玉に

「ミス・ブンブン」参加者、ビキニで『最後の晩餐』の再現で槍玉に(写真)

© 写真 : Public domain
エンタメ
短縮 URL
0 02
でフォローする

ブラジルで開催の美尻を競う「ミス・ブンブン」コンテストがまたもや槍玉に上げられた。今度はその参加者たちがレオナルド・ダヴィンチ作『最後の晩餐』の光景を真似た写真を公開したのが非難の対象となった。デイリーメール紙が報じた。

写真のオレンジ色のビキニの女性らはコンテストの最終審査まで勝ち進んだ8人。彼女らは『最後の晩餐』に描かれた人物らのポーズを真似ようとしている。デイリーメール紙によれば、宗教界の指導者ら数人がこれを敬いに欠ける行為を見なすと、「ミス・ブンブン」コンテストの開催国で世界でも有数のカトリック大国であるブラジルの国民もこの女性たちへの支持は示さなかった。

コンクール参加者のうち数人は宗教画を再現するという案には反対したものの、あらかじめ契約書にサインを行なっていたことから組織者の意向を拒否できなかったと説明している。イエス・キリスト役をやったダイアナ・フェグレドさんは「このために眠ることさえできません。神様には赦しを乞いました。私と他のみんなを赦してください。私たちの行為は行き過ぎたものでした」と語っている。

先に伝えられたところでは、最高の美尻を持つブラジルのモデルがサッカーW杯ロシア大会のマスコット、狼の「ザビワカ」を支持し、セクシーな写真を投稿した

関連:

日本が大好きなロシアのアルビノ少女(写真)
「生きたバービー」が記録的なサイズにまで唇を大きく
タグ
エンタメ, ブラジル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント