18:53 2020年10月31日
エンタメ
短縮 URL
0 2726
でフォローする

英ミラー紙が、2017年、生殖器付きセックスロボットが販売されることを受けて、アダルト商品業界に転換が訪れることを書いた記事を掲載した。

同紙はロボット性的パートナーの値段は1万2000ユーロほどになると明らかにさえした。

同紙によると、新世代セックスロボットは以前は夢見ることすらできなかった機能を搭載した、超リアルなものになる。

例えば、セックスロボットは内蔵ヒーターを搭載することで温かみを得て、また、接触に反応するセンサーも搭載される。

新世代のアダルト商品は米カリフォルニアに拠点を置く「RealDoll」社が生産するという。

同社の創設者マット・マクマレン氏は、人々がロボットへの愛着を強めるようにしたいと指摘した。同氏によると、アダルト商品産業の次なる重要な1歩は、ロボットとセックスするだけでなく、ロボットと結婚できるようにするテクノロジーを開発することだという。

タグ
エンタメ, ロボット, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント