03:17 2018年07月17日
女優エマ・ワトソン

インターネットで人気のスコットランド女性 ハーマイオニーに瓜二つ(写真)

© AP Photo / Evan Agostini/Invision/FIle
エンタメ
短縮 URL
231

時に、ある思いもかけないニュースが、巨大な玉石がころがるように私達の方へやって来て人の人生を変えることがある。子供時代にフリューシャ(ロシアの子供番組の人気キャラクター)は子豚ではなく、その中には誰かの手が入っていて、実は操られているのだとついに分かった時のようなショックだ。

​同じようなことが、スコットランドのグラスゴーに住む24歳の女性、メガン・フロックハート(Megan Flockhart)さんに起きた。昨年のハロウィンの時、彼女は魔女ハーマイオニー(J・K・ローリングの小説『ハリー・ポッター』シリーズ、およびその派生作品に登場する)の衣装を着たのだが、それがそもそもの始まりだった。

この1年の間に、メガンさんは、ハリー・ポッターファンの間で大変な人気者となった。ファン達は、彼女を現実世界におけるハーマイオニー・ジーン・グレンジャーと呼んだ。なお実際にはこの魔女役は、女優のエマ・ワトソンが演じている。

​メガンさんは、自分はエマに瓜二つとは考えていないが、自身エマの大ファンだ。

彼女は「私はエマ・ワトソンにそっくりだとは言えない。自分がそうでありたいと思ってもね。だって彼女は信じられないほど素敵で、10歳の時から私のアイドルなんですもの」と言っている。

しかしいずれにしてもハリー・ポッターファン達が、メガンさんはハーマイオニーにそっくりだとし、夢中になっていることは確かなことだ。

先に伝えられたところによると、『ハリーポッター』の作家JKローリング氏は、『ハリーポッター』物語の自身のスケッチを公開した

関連:

「ミス・ブンブン・コンテスト」に母娘がそろって参加
ウラジオストク美女、ロシアを代表し東京のミス・インターナショナル2016年に出場(写真)
タグ
セレブ, インターネット
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント