01:39 2019年11月20日
相対性理論:サンタクロースはどうやって一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届けるのか?

相対性理論:サンタクロースはどうやって一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届けるのか?

© AFP 2019 / Carsten Rehder
エンタメ
短縮 URL
0 51
でフォローする

エクセター大学の英国人物理学者キャシー・シン氏が、相対性理論の観点から、サンタクロースはなぜ煙突から家に入って気づかれることなく一晩で7億人の子供たちにプレゼントを配ることができるのかを説明した。

シン氏は、サンタクロースとそのトナカイは世界中を時速1000万キロの速さで移動していると考えている。特殊相対性理論によると、このような速度ではサンタクロースとトナカイの大きさが小さくなるため、プレゼントを届けるために煙突に入ることが可能になるという。またシン氏によると、ドップラー効果のおかげで、サンタクロースは気づかれずにすむという。

シン氏はこの研究について、子供たちに科学に関心を持ってもらうために実施されたと語った。

先に、新年に向けてどのように猫をドレスアップするかについて報じられた。

関連:

心優しいハッカー:アノニマス、ネズミのためのレストランをオープン【動画】
ミャンマーで羽毛恐竜のミイラが見つかる
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント