02:56 2020年08月09日
エンタメ
短縮 URL
126
でフォローする

Googleのプログラマーたちは、ここ数週間でオンラインゲームのトッププレーヤー数百人に勝った囲碁ゲームの謎の「棋士」が、実は人工知能AlphaGoであることを認めた。

12月末、人気のあるゲームシステムTygem と FoxGoに新たなプレーヤー「Master(P)」が登場した。Master(P)は、非常に強い棋士たち数十人を倒し、囲碁サロンで議論の対象となった。

負けた棋士たちが対局を分析したところ、彼らに勝ったのは人間ではなく、高度な人工知能システムではないかと考えられるようになった。

この見方は、AlphaGoシステムの創設者の1人デミス・ハサビス氏がツイッターで1月初旬に、実はMaster(P)は自分たちの人口知能システムであることを認め、確認された。

関連:

「モノのインターネット」は命にかかわるほど危険なものとなった
2016年度の最も注目すべき科学的発見・出来事は何か?
アップル、人工知能を開発中
タグ
Google
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント